京都 ねむのき

ヘルシーダウンとはIDFLが発行する清潔で安全の羽毛布団の証明書

羽毛布団に詰められているダウンの品質の目安として日本国内では、日羽協が発行するラベルに記載される嵩高性の単位である「ダウンパワー」、また国際的には「フィルパワー」を基本としてダウン率が主な内容となっています。

今回ご紹介するヘルシーダウンでは「清潔」がキーワードとなります。

衛生的で安心の目安ヘルシーダウンプログラム

今回ご紹介の「ヘルシーダウン」は、ダウンの力/パワーやダウン率ではなく、いかに衛生的で人体に優しいかという検査の承認です。

IDFLによるヘルシーダウンの認証は、単にダウンサンプルの品質検査のみにとどまらず、収穫地の環境・集積企業・羽毛精製工程等をトータルにチェックして「安全な羽毛」として認証を行う「ヘルシーダウンプログラム」による証明書です。

ヘルシーダウン

羽毛とアレルギーについて

近年は、衣食住において生活環境の変化も要因の一部ではありますが、アレルギー反応を起こされる方もおられます。羽毛製品もその要因の一つと言われている事もあります。

ただし実際のところ羽毛自体は、髪の毛と同じケラチン質で構成されているため、羽毛そのものがアレルギー反応を起こす事は稀な事例と言えます。

羽毛製品でアレルギー反応を起こされる場合の多くの場合、羽毛そのものがアレルゲンではなく羽毛に付着している不純残留物にある事が報告されています。その残留物は適正に洗浄することで取り除くことが可能です。

国際羽毛検査機関のIDFLでは、これまでの羽毛の嵩高やダウン率の検査に加えて、羽毛自体が適正に洗浄されているか衛生面を重視して「清潔度」の検査をする「ヘルシーダウンプログラム」を開始しました。

ヘルシーダウン

ヘルシーダウンプログラムの検査項目

ヘルシーダウンの承認は、酸素・清潔度・油脂分率・PH値・タンパク質含有率・鳥抗原抗体検査・ダニ害虫アレルギー源検査・バクテリア数・菌検査・微生物数値・の項目の検査をおこない基準値に合格した羽毛に証明書が発行されます。

先日レポートさせていただいた「人体に危険なグルーダウン」の件もあり、今回は安心安全の新しい基準である「ヘルシーダウン」のご紹介をさせていただきました。承認されたダウンは、まだまだ種類も少ないですが今後徐々に種類も加わってきます。

追って新しい動きを追記させていただきますので、京都「眠むの木」のHPをまたご参照ください。

京都の布団専門店「眠むの木」がおすすめする 良い羽毛布団のトップページ

安心・安全を基本に各国のトップ企業からダウンを選び抜き、日本国内で縫製した縫い側に国内で充填仕上げして羽毛布団を全国に通販しています。

安心安全の「眠むの木」おすすめ羽毛布団のページはこちら