京都 ねむのき

羽毛布団選び方・羽毛の知識・良い羽毛布団の見分け方をご提案

羽毛布団の選び方についてご説明します。まず、こちらのサイト「布団屋.jp」の自己紹介。このページの管理責任者は、京都の布団専門店「眠むの木」 の代表オーナー:矢持正三です。

毎日の生活が快適に過ごせる基本は健康である事。毎日を健康に無事に過ごすための基本は、質の良い睡眠をとる事、それに加えてバランスの良い食事と適度な運動をする事といえます。皆様の健康のために必ずお役に立つ快適な睡眠のために役に立つ羽毛布団選び方のページです。

産地ではなくパワー

使用する生地も大切

ポーランド産かハンガリー産か

身近にあった良いダウン

原毛のランク

富士山登山に例えて

おすすめの羽毛布団

健康の基本は質の良い睡眠

このページでは大切な睡眠の道具・特に「良い羽毛布団の選び方」を経験を基にしてお書きいたします。掛布団の中で快適な眠りをサポートする機能が一番優れている素材「水鳥の羽毛・ダウン」が詰められた羽毛布団の選び方の知識。

羽毛布団と言えどもピンからキリまでお店やネットで販売されています。羽毛布団は、実際に生地の中身をご自分で確認することができない製品です。羽毛布団の選び方と基本知識・品質のランキング/ランク分けを判りやすく解説しています。「良い羽毛布団の選び方」のヒントとしてこのページをご利用ください。

ダウン

▲農家から入ったばかりの原毛

目次に戻る

良い羽毛布団の選び方とは産地にこだわらずパワーを見極める事

京都「眠むの木」がお勧めしている羽毛布団選び方の基本は、品質表示に書かれているダウン・羽毛の産地や有名な一流メーカー名のみではなく製品自体のチェックです。

羽毛布団選び方のポイントは「押して/軽く両手ではさんで弾力・復元力を確かめ、たたいて/軽くたたいてホコリの状態を確認し、嗅いで/室温が 20℃,23℃又は25℃のいずれか・湿度が50%又は65%の状態でにおいを嗅いで確かめ、 見る/生地表面からの羽毛の吹き出しの状態を確認する」事。

京都「眠むの木」の仕事は、お客様の立場に立って羽毛布団の選び方の基本通りに作業を行い全国の皆様に安心安全の羽毛布団をおとどけする事です。

Copyright(C) 2000-2018/サイト内の全ての画像の転用を禁止いたします

上の画像の【A】がタンポポの綿毛のようなダウンで、【B】が共同募金に使用されている羽根・フェザーです。品質表示の「ダウン90%フェザー10%」の意味は、【A】ダウンが全体の90%の混合率で詰められています。残りの10%は【B】フェザーが詰められています。特にフェザーは一般的に長さ5㎝未満のスモールフェザーを使用します。

目次に戻る

品質の良い羽毛を入れる事が基本!! ただし側生地も非常に大切

羽毛布団の良し悪しはダウンの品質が影響するというのは基本ですが、次に重要なのはダウンを包み込む生地の素材と品質です。羽毛布団の大切な機能は適正な保温力と寝床内の湿度調整機能と言えます。暖かいのは誰もが歓迎ですが、適正な通気性が無い蒸れた暖かさでは、質の良い睡眠は得られません。

羽毛布団作りの歴史は、その生地作りの歴史ともいえます。羽毛は細いダウンファイバーが核を中心にボール状にひろがったものです。そのダウンボールは非常に繊細なものでご使用されるうちに寝返り等で擦れて壊れてきます。ご使用後5~6年をピークに経年劣化が生じます。

ダウンボールから外れた羽枝は、非常に細く羽毛布団のキルティングのミシン目や生地の織り目の細かい隙間から飛び出す可能性があります。その小さな羽枝が飛び出さないようにするには、生地を織る密度(一定範囲内の経糸と緯糸の本数/打ち込み本数)を上げる必要があります。

生地の密度を上げれば、ダウンの吹き出しは防げますが、逆に空気の通り/通気性は損なわれる事になります。通気度が下がると使用方法によって暖かい空気も逃げにくい場合もありますが、不快感の元である寝床内の湿度も抜けない状態になります。

羽枝の吹き出しを防ぐ機能を持ちながら湿気を抜く通気性も求められる側生地の品質が非常に重要になるわけです。適正な通気性を保ちその上「軽い」生地がダウンの持つ機能を有効に生かせる条件となります。

下に珍しいスナップ写真があります。

6月上旬~中旬にかけてのヨーロッパ取材中に立ち寄った農場。ドイツ/フランクフルト市内からアウトバーンで1時間強の移動、ビルシュタインのヘッタースロート地区の素晴らしい環境を活かした有機農法でジャーマンホワイトグースを飼育されているクナーツ氏の農場でのスナップ。

グースとダック

向かって左がジャーマンホワイトグース、左がマスコビーダック/Muscovy duck。共に親鳥ですが身体の大きさがずいぶん違います。同じ環境また同じ飼育日数を経て大きくなったグースとダックでは、採取出来るグースダウンとダックダウンに機能風合いの「差」があります。

羽毛布団に仕上げた場合、ダックダウンよりグースダウンの方が使用感が優れた製品となります。ただしダックもグースも同じ条件で飼育された場合の話です。飼育条件が異なる場合、例えば暖かい地域で60日飼育されたグースより、寒い地域で150日飼育されたダックのダウン・羽毛の方が優れた機能がある場合もあります。

仕切り線 パソコン

このページ「布団屋.jp」 は京都の布団専門店「眠むの木」が管理する布団ナビゲーター/情報サイトです。羽毛布団の選び方・羽毛布団の知識に関しましては、こちらのPC・パソコンサイトもご参照ください。

仕切り線

目次に戻る

ポーランド産の羽毛が良いのかハンガリー産の羽毛が良いのか

お客様からいただくご質問の中で目につくのが羽毛布団の充填羽毛の「産地」についてのお問合せです。例えばホワイトグースでも、ハンガリー産のホワイトグースダウンが良いのですか?ポーランド産のホワイトグースダウンが良いのですか?という内容です。

単純に産地国だけでは、全く判断が出来ないという事になります。ポーランド産ホワイトグースダウンであってもハンガリー産ホワイトグースダウンであってもいずれも良いモノは良くて悪いものは悪いという事です

飼育環境の条件、結論はどのような環境で飼育日数は何日であったかです。年間や一日の寒暖の差が厳しく、更に自然環境の良い地域で150日前後以上飼育されたグースからは品質の良いダウンが得られる事になります。

マスコビーダック

左の鶏(陸鳥)からはダウンは得られません。良い羽毛が得られるのは画像右の水鳥です。右のアヒル(マスコビー種ダック/水鳥)には立派な「水かき」が付いています。

アイダーダックダウン羽毛布団

上は、羽毛の宝石と言われる希少価値の高いアイダーダウン羽毛布団に入れられているホンケワタガモです。

そのアイダーダウン羽毛布団を頂点として、「眠むの木」イチオシのハンガリー産マザーグースダウン羽毛布団、レギュラーのホワイトグースダウン羽毛布団、ホワイトダックダウン羽毛布団と品質価格のランクがあります。

アイダーダックダウン

アイスランド西部/ブレイザフィヨルズゥル湾のほぼ中央部に位置するヴェストゥレイヤール(フラトエイ島と近隣の群島)には2,000~3,000の小島や岩礁がある。この海域は干満の差が非常に大きく潮が引けば、その岩礁の表面はアイダーダックの餌となるヒバマタ等の海藻で覆われてる。ここも素晴らしい自然環境です。

目次に戻る

私たちの身近にあった素晴らしいダウンの話

下の画像をご覧ください。取材時は最高気温がマイナス22度、最低気温はマイナス30度という寒い日でした。その「寒さ」も品質の良いダウンを手に入れることのできる大切な条件です。一年の寒暖の差が激しい中国の東北部の自然に恵まれた丘陵で大切に飼育されているグースの様子です。ズバリ「良質のダウン」を得る事が出来る環境です。

ホルトバージグース ハンガリー 吉林

ポーランド産のダウンが全て中国産のダウンより品質が優れているという事ではなく、産地に関わらず良いのは良い、悪いのは悪いという事です。安心安全の羽毛を京都「眠むの木」が選びます。

ハンガリーが原種のホルトバージグースが、極寒の吉林省の山奥ですくすくと育っています。近隣の5つの湖の氷が解ける春には真っ白なダウンをまとったグースの群れで湖がうまります。真冬のグース農場の取材日記!!

吉林グース農場への道

農場への移動時 車の中は温かいが、窓にはびっしり霜が…寒さの厳しい地域の生き物は自ら寒さ対策のため保温力が優れたダウンを身にまとう事になるのは自然の理です

目次に戻る

羽毛原毛のランキングチャート

ホワイトマザーグースからレギュラーダックまで飼育環境によって品質のランクが分かれます。基本は良い環境で飼育日数が長いという事が大まかな目安になります

目次に戻る


羽毛布団のランキングを判りやすく富士山登山に例えてご説明

羽毛布団のランキング・ランクは、中に詰められているダウンの品質が基本となりますが、加えて縫い側の生地の品質との組み合わせで決まりますがまずは、ダウンそのもののランク分けです。

羽毛のランク

専門用語での説明の前に判りやすく富士山登山に例えて大まかなご説明をします。富士山は日本で一番高い山です。頂上/剣ヶ峰の標高は3,776m、車で行ける五合目の標高が約2,300m。七合目で約3,000mです。ただし、五合目であっても頂上であっても、また裾野まで、どの高さの位置でも富士山は富士山です。

ある意味「羽毛布団」と呼ばれる製品も同じです。羽毛布団にもランキングがあります。例えば「マザーグースダウン」と表示の品でも素晴らしい品質の羽毛A++もあれば、品質のあまり良くないマザーグースダウンAもあります

富士山の登山道から麓を見た時の景色をイメージしてください。「景色の良さ、登山の達成感」を「羽毛布団の快適度」に置き換える事でご理解いただけます。羽毛布団自体のスペック/品質が適正な表示と内容の場合は、山からの景色が標高によって左右されるように、必ず使用感・機能性等の満足度は羽毛布団の品質が優れるほど快適にお休みいただけます。

充填されている羽毛の品質が良い場合、すなわち富士登山でいえば標高が高ければ高いほど景色も良く、登った達成感もアップする事となります。同じダウン90%羽毛布団と表示の製品でも、充填ダウンの飼育期間や飼育環境によって快適性に大きな差が有ります。

しかし無理をして初めから頂上を目指さなくとも体力に応じて徐々に高度を上げていけば楽しい登山となります。富士登山に例えれば「体力」に応じて羽毛布団をご検討の場合は「ご予算」に応じてと言えます。

★無理をする必要はありませんが、できれば樹林の中で下の景色が見えない高さより少なくとも森林限界線を越えたあたりまで登っていただく事をお勧めします。景色をさえぎる高い樹木はありませんので充分富士山からの景色を楽しめるはずです。

高く上る事で景色も良くなりますがそのためには体力が必要です。羽毛布団で言えば、機能・快適性を求めるには販売価格も上がるという事になります。

京都の布団専門店「眠むの木」がHPでご提案している羽毛布団は、全てが今までの経験を活かして企画したオリジナル羽毛布団です。富士山でいえば少なくとも麓の景色を遮る木々がない森林限界を超えた6~7合目辺りDT-B・HD90(下記チャートB++)から頂上といえるマザーグース充填のDT-5E(A++)、更に富士山の頂上より上にある雲に位置するアイダーダウンDT-7羽毛布団までのご提案です。

目次に戻る

良い羽毛布団の選び方を京都「眠むの木」がご提案いたします

お布団は、質の良い睡眠を得るために使用する「眠りのための道具」です。全ての道具はお使いになる人の性別や年齢体格、加えて体質や寝室の環境等々諸々の条件によって適正に使用出来る「スペック」があります。

眠るための道具その(1)として良い羽毛布団の選び方を長年の経験をもとに実際の現場の状況の開示をしたのがこちらにお書きしています。羽毛布団もイロイロなメーカーがありまたその中でも羽毛布団のランクも有ります。「良い羽毛布団の選び方」はこちら。

長いページですが、羽毛布団を選ばれる時には必ずお役に立つものです。ご参照いただければ幸いです。 最高級の羽毛布団に関しましてはこちらに少しお書きしています。

京都「眠むの木」がおすすめする良い羽毛布団のトップページ

ハンガリー・ポーランド・ドイツの各トップサプライヤーから直接輸入したダウンで仕立てた安心安全の「眠むの木」おすすめ羽毛布団のページはこちら